上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Soundvoyage
 
 
MySpace

 
MySpace って知ってます?(知ってる方は最初の方は飛ばしてください)
MySpace とは、アメリカの巨大 SNS のことです。
日本の一番大きな SNS はミクシィで、現在の発行 ID 数は 1400 万以上です。
MySpace はというと、2 億以上。発行 ID 数なので、実際の使用者数が何人なのかは
わかりませんが、巨大であることは間違いありません。
世界 15 ヶ国 8 言語で展開中。日本版は 2006 年 11 月にスタートしました。

スポンサーサイト

AFX の Analord シリーズの全曲タイトルが1ページで見られるようなとこはないの?
と思ったのでリストを作ってみた。…のですが、あったじゃん!…あー無駄な事をした…
でも載せる。まず Wikipedia などから豆知識。

Analord 10 だけ Aphex Twin 名義。

Rephlex メール・オーダーで発売された最初の Analord 10 は皮カバーのバインダー付き。Analord シリーズ全部買った人は、これに入れてニンマリ。後に再度、ピクチャー・ディスク版 10 が発売される。

バインダー Analord 10 には Analogue Bubblebath 5 付きの物があった。
オーダーしたのに送られてこなかった人達の物にお詫びとして同封されていた。

8、9、11 の曲タイトルはコンピューター・ウィルス、マルウェアの名前。
「共有とかで落とした時にびっくりして、おもしろいんじゃね?(りっちゃんスマイル)」…か?

Analord って A Roland のアナグラムにもなるねえ(りっちゃんはアナグラム好き)。

大丈夫です。今更 Come To Daddy なんて紹介しません。
久しぶりに YouTube で Aphex Twin を見たら、結構いろいろあったので紹介。

いや、みんな一般の方が音に画を付けた物なんですけど、なかなか素敵な物があります。
微妙な物も結構あるんで、興味を引かれたものを見ていただければと。

 
Drukqs 関連

AVRIL 14TH ピアノ
あの美しいピアノジャケそのままな映像。

AVRIL 14TH 美景
私もこの曲が好きなので、この曲に画を付けたいというのはわかります。うーん素敵。

Aparatus
これも一応。 『 Drukqs 』 収録の Gwarek2 と Vordhosbn を合わせた非公式ビデオ。
公式に作られた物じゃないの?という完成度。ぬほろぐさんによると、
> 作ったのはポーランドの Motion Arts Colective 集団 lunapark の Marcin Slawek。

前記事の 「紹介の掲載数について Google に質問した」 なんですが、
ちょっとした経緯がありまして。

まず、先日このブログの左メニューにある 「Google ツールバー付き Firefox」 の紹介が
表示されなくなりました。それで、

  • 「ポリシー違反したか?う~ん、あの辺りかなあ?」
  • Google からの警告メールを待つ。
  • 来ないので(1日ぐらいしか待ってないけど)自分からメール。
  • 送信 「ここ?ここが駄目なの?駄目だったら言って!」
  • 返信 「その問題は認識してるから、ちょっと待って」

質問したことに対しては、駄目とは書かれていなかったので関係なかったみたい。
まあ今回以前にそれで警告なんてされてないしね。どうやら Google 側の問題らしい。

調べたのですが、わからなかったので Google にメールで質問しました。

-------------------------------------------------

同一ページ内に、同じ紹介を複数掲載しても良いの?

> 1 つのウェブ ページには、3 つまでの紹介ユニットを掲載することができます。
> これには Google プロダクトの紹介ユニットが含まれます。
1 ページに掲載できる紹介の数はいくつですか?- Google AdSense ヘルプ センター

とありますが、同一ページ内に同じ紹介を複数掲載することは出来ますか?
例えば、同一ページ内に「Google ツールバー付き Firefox」の紹介を 3 つ掲載するなど。

複数は NG なのか?2 つまでなら OK なのか?全て同じでも OK なのか?
教えてください。

iTunes Store で試聴をする時に、アルバムの曲を一通り聴きたい時って
結構面倒くさいと思います。

例えば、単純に1曲終わったら次の曲をダブルクリックする。または、iTunes Store の試聴は 30 秒なので、30 秒に到達する前に次の曲ボタンか → キーを押す。

いちいちこの操作をするのは結構わずらわしいと思います。
私は後者の方法でやっていたのですが、秒数を気にしなくてはならない。

そこで便利なのが BlogPeople loves Music-AutoPlay です。
これは、設定した秒数で、自動的に曲送りをしてくれるソフトです。 名前が m-flo っぽい。

 
やり手
 
Apple に iPod / iTunes の
フィードバックを送りました。
海外コンサルタント翻訳調の文面で。
 
なんとなく、このブログに載せてみる。

-------------------------------------------------
少し長いが、ごみ箱には入れないで欲しい。

  1. iTunes プレイリストのフォルダを iPod に反映させてくれ!
  2. プレイリストのフォルダ開け閉め動作の向上
  3. プレイリストの並べ替えを自由にしたい
  4. iPod の Music Quiz に出題される曲を全曲を対象にして欲しい
  5. 曲の プロパティ → オプション の音量調整の文字の表示位置がずれてるよ

1 が最重要で、カウントアップする毎に重要度が下がる。

HONZI

調べ物中にたまたま知ったのですが、バイオリン奏者の HONZI (本地陽子)さんが9月27日に永眠されたそうです。正直、私は HONZI さんのことをよく知っているとは言えませんが。

 
カテゴリ

 
 町山智浩ポッドキャストまとめ
 
 iGain
 
 全記事タイトル一覧
 
iTunes Store へのリンクについて
プライバシーについて

リンク

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
 
Photo by
EyesPic - フリー画像素材

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。