上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背景画像とか JavaScript の固定表示させてスクロールしないヤツが嫌い!

タイトルの意味が解りづらいかもしれませんが、
ホイールを回しても一定の場所に鎮座してるアイツです。ヤツが嫌い。

何故ならスクロールが鈍くなるから!

最近あれ系、設置するサイト増えてません?
スクロール鈍くなるの、みんな嫌じゃないのかなあ?私だけ?

 
対処としては、

背景画像なら FirefoxFirebug で css を弄くる。またそれを Stylish
そのサイト用にスタイルを書くか、または空のスタイルで、

bodyとか { background-attachment: scroll !important; }

などと記述すれば、スクロールさせることが出来ます。
Stylish なら Off にすれば直ぐに元に戻りますし。

あとは position: fixed; にしてるやつとか。fixed うざ。
固定表示されてるとこが全く要らないなら display: none; で消しちゃう。

 
JavaScript の場合は、JavaScript を一旦切ってからページを更新ですかね。

JavaScript の On / Off は、私の場合 Custom Buttons
bushwhacker さんにある、JavaScript の On / Off ボタンを使ってます。

 
んで……同意してくれる人いませんかね?私だけっすか?

 
関連記事:
スポンサーサイト

少林少女を見ました。噂通りすごかったです。
散々言われてますから、今さら私が言う必要は無いのですが、
劇中のセリフを二つ程メモりたくなったので。

帰国して

柴咲コウ
「 どうして道場なくなっちゃったんですか? 」
アリキリ石井
「 うーん。それがーよくわかんないんだよ。まー急っちゃ急だったしー。
でもなんかーそういう予感がしてたと言えばしてたんだけどー。
でもまーみんなそういうの感じ取ってなかったとしたら
周り的には急だって感じるんじゃないかなー。でも俺はそんなことなくて… 」

クライマックス

仲村トオル
「 教えてやろう闇の美しさを 」
柴咲コウ
「 そんなことどうでもいいよ 」

ホントだよ! っていうか全てが、なんだかわかんないよ!

一つ目のは、具体的なことが何もなくて、
ただただぼんやりしたセリフを言っているってことで、笑うとこなんでしょうが。

この二つのセリフは、期せずしてこの映画を象徴するセリフになっていると思う。

 
ただ、この映画はあの恐怖のトンデモ・クライマックスによって
逆に、価値を有してしまっているのではないでしょうかね。
まあ、あれが無かったとしても余り有る酷さなんですが。
酷すぎると逆に残るんじゃないかって。作品が。

 
カテゴリ

 
 町山智浩ポッドキャストまとめ
 
 iGain
 
 全記事タイトル一覧
 
iTunes Store へのリンクについて
プライバシーについて

リンク

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
 
Photo by
EyesPic - フリー画像素材

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。