上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments
Post a Comment
管理人にだけ表示を許可する
コメント投稿時いったん画像認証のページへ移動します。
スパム・コメントが止まないもんで、面倒おかけします。 m(_ _)m

AdSense の Flash 広告の URL を調べる

Google AdSense では、URL を競合広告フィルタに登録することによって、
特定の広告を表示させないようにブロックすることが出来ます。

表示されている広告のサイトが、実際どんな感じなのか確認したい時があると思いますが、
自分でクリックすることは Google AdSense では禁止されています。

その場合、テキストや只の画像広告ならば、

その広告上で、右クリ → プロパティ を開いて URL をコピー。
エディタなどにペースト。最後らへんの &adurl= のところが移動先の URL なので、
そこだけコピーして開けば、クリックせずに広告のページを確認することが出来ます。
その後ろの &nm= は除きます。

なのですが、フラッシュ広告ではこの方法が使えません。
大抵は URL が表示されているのですが、中には表示されてないものがあります。
この場合どうやって調べるのか。

 

AdSense の Flash 広告の URL を調べる

Firefox の拡張機能 Firebug を使うと調べることが出来ます。

メニュー → ツール → Firebug → 要素を調査 → 広告をクリック
または右クリメニュー → 要素を調査 から

この時に間違えて普通にクリックしてしまわないように注意!

左側の HTML 表示部に AdSense のコードがハイライトされている状態になります。
右クリで HTML をコピー。エディタなどにペースト。
最後らへんの adurl とか adU と書かれているところが移動先の URL です。

参考: How To Block Flash Ads In Google Adsense - Pyrogenic Media

 

URL エンコード (パーセント・エンコーディング Percent-Encoding )

上記の方法で抽出した URL を開いても、そのページが無いと言われる場合。

考えられる原因の1つは https なのに http で開いてしまっている。
もう1つは URL に %3E とか %22 みたいなのがある場合。

そのような URL はデコードが必要です。
こちらのサイトが便利→ エンコードマニアックス

上記のサイトでデコードしてやると、例えば
%3d が = に。 %2b が + に。 %3b が ; になります。
デコードしてやればその URL が開けるはずです。

参考:

 
URL によっては1回のデコードでは駄目で、
何回もデコードを繰り返さなくてはならないものがあります。具体的にはこういうこと。

% = %25

%25253F
%253F
%3F
?

作業としては、こんな感じ。
エンコード/デコードする → URL Decode 結果をコピー → クリア → ペースト →
エンコード/デコードする → URL Decode 結果をコピー → クリア → ペースト → ……

 
あと AdSense のコードがとても長いもので、コードの中に TEMPLATE_ と入っているもの。
同様にデコードしてやると、改行( %0A )も入って見易いものになると思います。
このタイプは <TEMPLATE_FIELD field_name="destinationUrl"> のとこが
移動先の URL になるのかな?

 
もういっこ。移動先が、広告効果解析会社のサイトで、そこからリダイレクトして
実際の広告のサイトに移動する場合。

この場合、競合広告フィルタに登録する URL は、
実際の広告サイトの URL (広告効果解析サイト URL は無視)で良いんですかいね?

Comments
Post a Comment
管理人にだけ表示を許可する
コメント投稿時いったん画像認証のページへ移動します。
スパム・コメントが止まないもんで、面倒おかけします。 m(_ _)m
 
カテゴリ

 
 町山智浩ポッドキャストまとめ
 
 iGain
 
 全記事タイトル一覧
 
iTunes Store へのリンクについて
プライバシーについて

リンク

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
 
Photo by
EyesPic - フリー画像素材

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。